運転初心者入門講座


出張専門ドライバースクール 名古屋 愛知 岐阜 三重 滋賀 福井(敦賀)



イラスト:先生
基本的な運転操作や交通ルールについて解説します

ペーパードライバー歴が長くなるとエンジンのかけ方すら分からなくなってしまうと思います。このコーナーでは基本的な運転操作や交通ルールを中心に説明していますので、これからペーパードライバーを克服したいと考えている方は是非参考にしてみてください。

kindleでペーパードライバー向けの電子書籍販売しております!
⇒「ペーパードライバーのための運転の教科書」

画像:電子書籍の表紙
ペーパードライバー向けのオリジナル教本

運転装置について

『チェンジレバー』

 

P(パーキングレンジ)は、車を停める時やエンジンをかけたり止めたりする時に使います。Pにするとブレーキペダルを離してもアクセルペダルを踏んでも動かない特徴があり、少しブレーキもかかり坂になっている場所でも動かない特徴があります。また、エンジンをかける時もPを使うのですが、P以外のR(リバースレンジ)やD(ドライブレンジ)ではエンジンがかからないようになっています。さらにエンジンをかける時はブレーキペダルを踏みながらでないとエンジンがかからないようになっている車が最近は多いです。

 

R(リバースレンジ)は、バックする時に使います。Rにするとすぐに動く特徴があり、そのため、PからRにチェンジレバーを変える時はブレーキペダルを踏みながら操作しないとチェンジレバーが動かないようになっています。また、車種によってはチェンジレバーの横にボタンがついている車もあり、そのボタンも押さないとチェンジレバーが動かないものもあります。

 

N(ニュートラルレンジ)は、Pと似ており、ブレーキペダルを離してもアクセルペダルを踏んでも動かない特徴があります。しかし、Pとの違いはNはブレーキはかからないので坂になっている場所でNにしてしまうと車が転がってしまう危険がありますので車を停める時はPを使うようにしましょう。

 

D(ドライブレンジ)は、前進する時に使います。Dにするとブレーキペダルを離すと前にゆっくりと動き出します。もっと速度を上げたい時はアクセルペダルを踏み込みます。

 

2(セカンドレンジ)とL(ローレンジ)は下り坂で使います。走行中にアクセルペダルをゆるめると速度が落ちる特徴(エンジンブレーキと言います)があります。山道などの長い下り坂で使うとあまりスピードが出ないようになって楽に走れます。車種によってSやBとなっているものもありますが、役割は同じでDから下にさげるほどエンジンブレーキが強くなって速度が落ちる特徴があります。

『駐車ブレーキ』

 

駐車ブレーキには主に手でかけるハンドルブレーキと左足でかけるパーキングブレーキがあります。駐車ブレーキは車を停める時に車が動きださないようにかけておく必要があります。ハンドブレーキをかける時はレバーの先に付いているボタンは押さないでそのまま引き上げます。カチカチと音が鳴るのが特徴です。反対にハンドブレーキを解除する時はレバーを少し上に引いてレバーの先に付いているボタンを押して下に降ろします。

 

左足でかけるパーキングブレーキはブレーキをかけるのも解除するのも左足で踏むという同じ操作になります。踏んだ時にカチカチと音が何回も鳴る時はブレーキをかけている状態で、カチと1度だけ鳴る時はブレーキが解除された状態になります。駐車ブレーキにはブレーキの戻し忘れのための警告灯があります。赤いビックリマークがついている時はブレーキがかかっていますので、車を発進させる時に駐車ブレーキを解除し忘れないように注意しましょう。

 

『ウィンカーとヘッドライト』

 

ウィンカーをつけるスイッチはハンドルの右側のレバーになります。下にさげると右のウィンカーが出て、上にあげると左のウィンカーが出ます。右のレバーの先っぽを回すとヘッドライトが点灯します。ヘッドライトはOFF・車幅灯(ヘッドライトが弱く点灯)・前照灯(ヘッドライトが強く点灯)とあります。最近はAUTO(オート)という暗くなるとヘッドライトが自動で点灯する機能が付いているものもあります。

 

それから前照灯には上向き(ハイビーム)と下向き(ロービーム)と照射範囲を近く遠くに切り替えられるようになっています。前照灯を付けた状態で右のレバーを奥に倒すと上向きに、手前に引くと下向きに戻ります。上向きはかなりまぶしいので街中では使わない方が良いです。他にハザードランプという合図があり、△のマークがついたボタンがあります。このボタンを押すとウィンカーが左右前後の全てが点灯して、道路の左端に停まりたい時などに使用します。

 

『ワイパー』

 

ワイパーを動かすスイッチはハンドルの左側のレバーになります。MIST(ミスト)・OFF・INT(インターバル)・LO(ロー)・HI(ハイ)とあります。OFFから下にさげていく程、ワイパーのふき取る回数が増えるのが特徴でHIが一番速く動きます。MISTは霧という意味で、ワイパーを1度だけ動かしたい場合に使うと便利です。ワイパーはウィンドウウォッシャーというフロントガラスをキレイにしてくれる機能があり、左側のレバーを手前に引くとウィンドウウォッシャー液が出ます。

 

運転姿勢とエンジンのかけ方

『運転姿勢』

 

まずは座席の前後を合わせます。座席の真下にバーがありそのバーを上に引くと座席が前後に動かせる状態になります。前後の合わせる目安は足元のブレーキペダル(ペダルは右がアクセルペダルで左がブレーキペダル)を右足で踏み込んだ時にひざが軽く曲がる程度です。ブレーキペダルを踏んだ時に足が伸び切ってしまうのはNGです。

次に背もたれを調節します。運転席の右下側にあるレバー引くと背もたれが動かせるようになります。合わせる目安はハンドルを持った時にひじが軽く曲がる程度です。ハンドルを持った時に腕が伸び切ってしまうのはNGです。

『ルームミラーとドアミラー』

 

運転席の調節が終わったら次はミラーの調節です。ルームミラーは後ろの窓ガラスが全体的に見える程度に合わせます。ドアミラーはハンドルの右側か窓ガラスを開けるスイッチの近くにドアミラーを動かすスイッチあります。LとRのスイッチがどちらのドアミラーを動かすかの選択で、矢印はミラーの角度が変えられるようになっています。合わせ方は内側に少し車体が映るようにして地面が下半分くらいにします。ちなみにドアミラーはエンジンがかかっていないと動かないようになっていますので、エンジンをかけた後に合わせましょう。

『エンジンのかけ方・発進の仕方』

 

エンジンをかける時はブレーキペダルを踏みながらかけます。最近の車はブレーキペダルを踏みながらかけないとエンジンがかからないようになっている車が多いです。エンジンをかけるスイッチも鍵を差し込んで右に回すタイプとボタンを押してかけるタイプとあります。それから、チェンジレバーがPになっていないとエンジンがかからないようになっていますので、エンジンがかからない時はチェンジレバーがPになっているか、ブレーキペダルをちゃんと踏み込めているか確認してください。

 

発進する時はブレーキペダルを踏みながらチェンジレバーをPからDに変えてください。PからDに変える時にチェンジレバーが動かない時はブレーキペダルがちゃんと踏めていないか、チェンジレバーにボタンが付いているタイプでボタンを押し忘れていないか確認しましょう。それから、駐車ブレーキを解除します。ブレーキペダルをゆるめていくとゆっくりと動き出します。停める時は駐車ブレーキをかけて、チェンジレバーをDからPに変えてエンジンを止めます。

 

基本的な交通ルール

『交差点の通り方』

 

交差点では直進・左折・右折とありますが、直進と左折が優先です。右折する場合に対向車(直進車と左折車)が来ている場合は右折する車が待って道を譲らなければなりません。待つ位置は交差点の真ん中にひし形(◇)のマークがありますが、その手前まで前に出してそこで対向車が途切れるのを待ちます。対向車が途切れない時は信号が赤になるのを待って、信号が赤になると対向車が止まり始めるのでそこから交差点から出るように発進してください。

 

この時、交差点の中に残ってしまうと他の車の邪魔になりますので、信号が赤になったらすぐに右折し始めましょう。また、信号が赤になると右の青矢印の信号が出る場合があります。これは右折する車だけ進んでも良いという意味で右矢印が出ている間は右折できる状況になります。

 

動画も参考にしてください

実践!安全運転テクニック(右折編)

 

『信号の変わり目』

 

走行していると突然、信号が青から黄に変わる時があります。黄信号は原則、停止線で止まらなければなりませんが、例外として信号が黄になった時に停止線が近づき過ぎていて安全に停止できない場合(急ブレーキなど)はそのまま進んでも良いことになっています。信号の変わり目の予測するテクニックとして、歩行者用の信号が先に赤になる場所が多いので、青信号で交差点に近づく時は歩行者用の信号を見ておく習慣をつけると良いです。

 

『合図の出し方』

 

合図は周りのドライバーに意志を伝えるためにとても大切なものです。交差点を右左折する場合の合図は右左折したい交差点から約30m手前から合図を出します。30mという距離感はなかなか難しいですが、意識するだけでも合図の出すタイミングが安定しますのでだいたいの感覚で大丈夫です。また、車線を変える時の合図は車線を変えようといる約3秒前に出します。分かりにくい表現ですが、要は合図を出してすぐに車線を変え始めるのがNGということです。3秒の合図を出してから車線を変えることで、その間に周りのドライバーがその合図に気づいて対応しやすくなり効果的です。

 

『右左折時の横断者』

 

右左折する時に横断歩道を通る歩行者や自転車に注意してください。特に自転車は速く遠い場所から一気に横断歩道に近づきますので、首を振って広い範囲で安全確認する習慣を身につけましょう。また、右左折する時の速度もしっかりと速度を落として曲がりましょう。万が一、横断者を見落として事故になった場合も速度を落としていればその事故を軽減することができます。

 

『制限速度について』

 

一般道路の制限速度は標識や標示によって指定されている時(規制速度と言います)はその速度を超えてはいけません。大通りになると標識や標示がない場合がありますが、その場合は法定速度と言って60km/hが最高速度になります。多くの一般ドライバーが制限速度を超えて走行していますので、制限速度を守って走るとどうしてもクラクションを鳴らされたり、あおられたりする場合があります。本来は安全のために制限速度というものがあるのですが、トラブルを避けるために周りに合わせることも多少必要になってきます。

 

最後になりますが、基本操作と基本的な交通ルールについて説明させて頂きましたがいかがでしたでしょうか?免許を取る時に教習所で習ったと思いますが、案外忘れてしまっていたことも多かったと思います。もちろん、ここにある知識以外にも車を運転する時にはもっと多くの知識と経験が必要になってきますが、ペーパードライバーを克服する第一歩としてはこのくらいである程度通用すると思います。みなさんがペーパードライバーを克服できるように応援していますので、是非参考にしてください。

 

その他の講座も是非ご覧ください。

⇒交通ルール講座(全5回)

⇒車庫入れ講座